×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雇用保険被保険者証とは

雇用保険被保険者証について説明したいと思います。雇用保険被保険者証というのは厚生労働大臣が上記の雇用保険の資格取得についての確認を行った際に発行される書類のことを言います。もっと簡単に言うならば労働者が雇用保険へ加入している、またはしていたことを証明する証明書のことです。この雇用保険被保険者証は事業所を管轄する公共職業安定所、いわゆるハローワークのことですが、その所長が労働者に発行することになっています。

雇用保険被保険者証を再発行するには

雇用保険被保険者証を再発行するにはどうすれば良いのか説明していきたいと思います。雇用保険被保険者証を何らかの理由で再発行しなければいけなくなった時に、この再発行の手続きというのは会社の雇用している側ではなくて雇用されている側、労働者が自ら手続きをしなくてはいけません。雇用保険被保険者証を再発行するには雇用保険被保険者証再交付申請書というものが必要になってきます。この雇用保険被保険者証再交付申請書はどこのハローワークでも手に入れることができます。またインターネット上からでも雇用保険被保険者証再交付申請書を手に入れることができます。雇用保険被保険者証再交付申請書に書く内容としては名前、住所、生年月日など再発行を求む労働者の基本情報に加え、現在雇われている事業所の名称や所在地なども書きます。雇用保険に加入した日なども書くのですがわからない人が多いです。ですがそういったところはハローワークの人が調べてくれるので大丈夫です。

雇用保険被保険者証を紛失した場合

雇用保険被保険者証を紛失した場合の対処の仕方について説明していきたいと思います。雇用保険被保険者証を紛失した場合は再交付、再発行の手続きを行わなければいけません。会社によっては被保険者番号を控えておいたほうが良いと言うところもありますが、知っているにこしたことはないのですが、わからなくても大丈夫です。雇用保険被保険者証というのは個々人ごとに決まっている番号、固有番号が付与されているのです。ですから一度付与された被保険者番号は、その方のみの固有の番号となりますので、勤め先が変わっても紛失してしまっても番号が変わるということは絶対にありません。ですから雇用保険被保険者証を紛失した場合には再交付の手続きを取らなければならないので、直近で勤めていた会社や自身の住所電話番号等がわかれば、後はハローワークで調べてくれます。また雇用保険被保険者証を紛失した場合の再交付の手続きはどこのハローワークで行っても大丈夫です。